埋没毛について

MENU

埋没毛について

京都ミュゼプラチナム

ムダ毛がたくさん生えていると見た目が悪くなりますので、剃ったり抜いたりしている人は多いです。除毛すると肌は白く美しく見えるようになりますが、しかしその際には、埋没毛が生じないよう注意する必要があります。埋没毛とは、剃ったり抜いたりした毛が皮膚の内部で伸びてしまうことです。毛は本来は毛穴から皮膚の外に向かって伸びていくものなのですが、除毛した毛の断面がとがっている場合、毛穴内の皮膚を突き破って違う方向に伸びていってしまうことがあるのです。

 

埋没毛は、肌表面に出てこないため、剃ることも抜くこともできません。それでいて肌は半透明な色合いなので、内部で毛が伸びている様子が透き通って見えてしまいます。つまり見た目が悪いのに処理することができないわけです。比較的肌表面に近いところにある埋没毛なら、古い角質が剥がれ落ちるにつれて肌表面に出てきますが、深いところにある埋没毛は皮膚を切開でもしない限り出すことはできません。

 

しかも埋没毛は、毛としての寿命が尽きると、やがて肌の内部で溶けます。溶けた埋没毛は、黒い色素となって肌に沈着してしまいます。そうなると白い肌を取り戻すためにはレーザー治療が必要になります。そのためムダ毛の処理は、埋没毛を生じさせないよう気をつけなければなりません。毛の断面をとがらせないようにしたり、あるいはシェイバーや毛抜きは使わず、エステサロンなどで脱毛すると良いです。

 

HOME